行政書士の報酬について

行政書士は、主に官公庁や警察、保健所などの行政機関に提出する申請書や事実証明、権利義務などを作成および手続きを代行したり、それらに関連する相談をすることを生業としています。これらは範囲は広く、他にも各種契約書の作成を代行するなど、1000種類は超えると言われています。もし、御自身で会社を設立したり、店を開業する際に、行政書士に依頼した場合にかかる費用、つまり、行政書士の報酬がどれ位のものか、平均的な報酬額を紹介します。まず、会社の設立に関する申請書作成・手続きが10万円程度です。この会社が飲食店であれば、飲食店営業許可申請が5−10万円程度、風俗店であれば風俗営業申請許可申請が20−30万円程度が別途かかります。さらに、就業規則の作成を依頼すれば、5−10万円がかかります。また、各種契約書の作成に3万円前後、何らかのトラブルが発生した場合に告訴状・告白状の作成・申請を依頼すれば、内容にもよりますが5万円以上はかかります。ここに紹介していない業務内容についても、報酬額は行政書士が自由に設定して、依頼人の目に届きやすい場所に提示することが規則になっています。

人気のレーザー脱毛を大阪で格安でやってくれるところを教えてくれませんか?

名古屋でオシャレなネイルサロンを見つけましたー☆ 

巣鴨にある不動産会社を教えてください。

名古屋で中国語

横浜の山手エリアの不動産情報が満載!

最新記事

  • 行政書士が業務を行った時に受ける報酬額は行政書士各々が自由に定めることができるようになっており、事務 …

    続きを見る

  • 行政書士はいったいどんな仕事をする職業かご存じでしょうか。官公署に提出する書類を作成したり、その書類 …

    続きを見る

  • 自分たちが普通の生活をしていれば行政書士の人たちに関わることはほとんどないのです。しかし、もしかした …

    続きを見る